やりすぎはNGコットンパック

日焼けや肌の乾燥が気になった時は、一日の終わりにコットンパックのスペシャルケアをおすすめします。 コットンパックなら毎日やってるよという人も多いかもしれませんが、コットンパックのし過ぎはかえって逆効果です。 肌表面の細胞は常に水分と油分のバランスを保っていい状態を維持していますが、コットンパックを頻繁にしてしまうと、細胞がふやけた状態になります。 ふやけた細胞はデリケートなので、ちょっとした刺激で傷がついたり、剥がれ落ちたりしてしまうのです。 肌が丈夫な人は平気な場合もありますが、繰り返すことによって少しずつ肌が弱ってしまいます。 コットンパックはあくまでもスペシャルケアとして取り入れた方が効果も高いのです。 日焼けをした後は、ほてりをとるためのクールダウンにもなりますし、乾燥が気になる時にすれば、肌細胞に水分がいきわたります。 気を付けたいのは、仕上げに必ずクリームなどで蓋をすることですね。 せっかく潤った肌も表面で蓋をしてあげないと、水分がどんどん出て行ってしまうのです。 コットンパックは一時期爆発的にブームにもなりましたが、何でも偏りすぎはダメです。自分の肌とよく相談をして、必要だと感じた時だけ取り入れてみましょう。

サイト集 グループ3

#サイト名PRリンク

美容関連・相互リンク集~いろいろ気になる♪

管理
Copyright (C) Affili-System-ver0.1 All Rights Reserved.